top of page

バックナンバー:メルマガ vol.10



過去のメルマガコラムを掲載!

最新号は毎月5日・20日頃に配信中です!

TOPページよりご登録できます。



 

~ディセンターな人たち vol.10より~


早いもので、今年も師走となりました。

経営にとって区切りは年末と決算期末だと思います。

私は、こういった区切りには必ずこれまでの振り返りをするようにしています。

ただ単に思い出すだけでも良いのですが、仮説を予め作っておけば仮説と実際の差異を分析することができますので、より有効な検証となります。


「なかなか当たらない事業計画書を作って何の意味があるのか?」

と疑問に思う方がいるかもしれません。

たしかに未来のことは誰にも分かりません。

特に新規事業なんかは事業計画書を作ってもその通り進まないことが多くあります。


しかし、本来の事業計画書は「当たる」「当たらない」で評価されるものではありません。

誤解を恐れずに言わせてもらいますと、当たらないのが当然なのです。


問題はその後なんです。

計画通りにいかなかった事業について、なぜなのかを考えるときに、仮説があることでその原因や度合いが分かるのです。

事業計画や目標を作り、節目節目に検証していくことで事業の修正が効率的にできるようになります。


それともう一つ。自分の経営をちゃんと評価してあげてください。

経営者って、意外と褒められたり、認められたりする機会が少ないものです。

だから、自分で自分を褒めるのです。

私は、年末や年度末は結果がどうであれ、ここまでたどり着いたことをお祝いします。


 

メルマガでは、ディセンターからのお知らせなども配信しております。

ぜひ興味のある方はご登録をお願いいたします!!

TOPページ下部にあるメルマガ会員募集より簡単に登録ができます!



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page