top of page

バックナンバー:メルマガ vol.14



過去のメルマガコラムを掲載!

最新号は毎月5日・20日頃に配信中です!

TOPページよりご登録できます。



 

~ディセンターな人たち vol.14より~


ディセンターメールマガジンをご覧の皆さま、こんにちは。


いま、国は「計画経営」のスタイルを強烈に推し進めています。

計画経営のスタイルでは、PDCAのサイクルを意識して経営を行います。

(PDCA=Plan・Do・Check・Action;計画・実行・検証・改善)


PDCAの経営スタイルを中小企業の皆様にお伝えする、これを私たちは創業以来のモットーとして掲げています。

その由来は、私自身の経験です。

私が会社を経営するなかで、一生懸命やってもなかなか事業が伸びない、という焦燥感を抱いた経験がありました。

そこで、「PDCAに基づく計画経営のスタイルを続けていくしかない」と強烈に信じるようになりました。


計画経営の流れは、企業だけに留まりません。

最近は半公半民的な立場、すなわち小規模企業を支援する商工会・商工会議所にも浸透しつつあります。


先日、経営発達支援計画(第4回)の認定発表がありました。

幸いにも、私たちとお付き合いのある機関はほとんどが合格となりました。

本当におめでとうございます。


経営発達支援計画とは、いわゆる商工会・商工会議所の中期事業計画といえるものです。

この計画を一定以上の品質で作成し(P)、実行する(D)。

実行の結果は検証し(C)、修正のうえ行動する(A)。

計画の認定を受けた商工会・商工会議所には、PDCAサイクルを繰り返すことによる支援活動の品質向上が期待されています。

(実はコレ、現場はものすごく大変なので手放しに喜べないのですが・・・)


私は、このような取り組みを非常に画期的だと思っています。

今まで単年度計画で動いていた組織が、中長期的な視野に立てるということだけでも特筆すべき事項です。

私たちも、このような素晴らしい改革を行っている商工会・商工会議所を全力で応援したいと思います。


ぜひ、みなさんも地元の商工会・商工会議所に期待を寄せ、応援してくださいね。


 

メルマガでは、ディセンターからのお知らせなども配信しております。

ぜひ興味のある方はご登録をお願いいたします!!

TOPページ下部にあるメルマガ会員募集より簡単に登録ができます!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page